林芙美子の評論はどちらの指摘も「一理ある」としたうえ、運転手らの行動を歌舞伎・浄瑠璃に登場する「お染久松」=恋愛の果てに心中した豪商の娘と丁稚(でっち)=と比較