多くの町民は、濡れるか雨宿りしてやむのを待つしかなかったのです